ロコモ・サルコペニア対策

● ロコモティブシンドローム(ロコモ)とは?

加齢により「骨」や「関節」、「筋肉」といった運動器が衰えて「立つ」、「歩く」といった動作が困難になり、要介護や寝たきりになること、またはそのリスクが高い状態のことです。 予備軍を含めるとその数は約4,700万人といわれ、超高齢化が進むなかで近年問題視されています。

日本の平均寿命は世界でもトップクラスを誇りますが、近年これとは別に「健康寿命」という言葉が多く取り上げられるようになりました。 健康寿命とは「介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間」をさします。 日本人の平均寿命から健康寿命を引いた年数を見ますと男性で約9年、女性で約13年となっています。 これは、健康を損ない介護状態となって生きる年数が平均して10年前後あるということを意味しています。 「ロコモ」は、「メタボ」や「認知症」と並び「ねたきりや要介護状態」、つまり「健康寿命の短縮」の3大要因の一つとなっています。

厚生労働省は、「健康日本21」というプロジェクトの中でロコモの認知度を80%以上にすることを目標に掲げ、政策としてロコモ対策を推進しています。

● サルコペニアとは?

加齢により筋肉の合成と分解のバランスが崩れて、「筋肉が減少する」ことです。 ロコモにおける筋肉の衰えに該当します。

HM_fig3

サルコペニアは、「筋肉減少」→「関節負担増」→「関節炎症」→「運動量低下」→「筋肉減少」をもたらすほか、「筋肉減少」→「ふらつき・転倒」→「骨折」→「運動量低下」→「筋肉減少」、更に「運動量低下」は「骨密度低下」をもたらすことから、ロコモへの入口となります。 ロコモにならないためには、適切な栄養摂取と適度な運動により筋肉を維持すること、つまり「サルコペニア対策」が重要です。

●ロコモ・サルコペニア対策素材としてのHMBカルシウム

サルコペニア対策(筋肉維持)には適切な栄養摂取と適度な運動が重要です。 栄養源としてはプロテイン(たんぱく質)やBCAA(分岐アミノ酸)などがよく知られていて、これらを配合した商品が流通しています。 これらは筋肉の原料となるたんぱく源を強化したサプリメントで、筋肉維持に有用な方法の一つです。

一方、筋肉の原料となるたんぱく源は食事を中心に摂取して、サプリメント等で筋肉の合成促進と分解抑制を刺激する方法が注目されています。 比較的認知度の高い素材としてはロイシンが挙げられますが、ロイシンの摂取に伴うHMB(筋肉の合成促進と分解抑制因子)の代謝生成量はわずか5%程度と少ないため、最近ではロイシンに代わる素材として代謝産物が直接摂取できるHMBカルシウムに期待が高まっています。

HP_DATA_HMB5

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年度版)策定検討会報告書」external-link(p.380-381)において、HMBカルシウムをサプリメントとして補給する介入試験例が取り上げられ、高齢者でのサルコペニア対策への有用性が紹介されています。

※日本人の食事摂取基準とは、健康増進法に基づき国民の健康の維持・増進を図る上で摂取することが望ましいエネルギー及び栄養素の量を厚生労働大臣が定めるもので5年毎に更新される基準になります。

PAGETOP
Copyright © 小林香料株式会社 All Rights Reserved.